O様邸 C値0.18㎠/㎡

一般的な高気密住宅のⅭ値は0.6ですが、今回の気密検査の1回目の検査で0.5でした。
当社の施工の気密最低基準は0.3以下にすることなので、0.5は信じられなく悪い結果でした。
原因を追究していると事務員さんが風が来る場所を発見。
なんとW570×H1100のタテすべり窓が全開でした。
その窓を閉め、再度測定してみたところ、0.18になりました。納得!!

関連記事

  1. 岡谷工務店建築日記12月27日 着々建築中!!!
  2. オーナー様との会話
  3. 繋がり
  4. 建築日記 通気金物取り付け工事
  5. 岡谷工務店建築日記2月7日 太陽光パネル設置! 
  6. 砂場を作りました!!
  7. 岡谷工務店建築日記1月12日 新築工事スタート 
  8. 事務所の壁を使った実験 パート2
PAGE TOP