基礎工事・配筋検査

M様邸の基礎工事が始まっています。
構造計算をして出した基礎図面通りに基礎をつくっています。
本日は、コンクリートを打ち込んでしまうと見えなくなってしまう配筋の検査でした。
配筋のスラブというのは床版(耐圧版)です。この面で建物の荷重を平均的に地盤面へ伝達します。
とても大切な検査です。
検査員が丁寧な配筋のチェックを行い設計図通りに配筋されているかを確認した後に床版のコンクリートを打ち込みます。
無事検査も終わり明日からコンクリートを打ち込みます(^^)

 

関連記事

  1. O様邸  1階フローリング アカシアの無垢材貼り工事
  2. 内装工事
  3. 岡谷工務店建築日記12月30日 着々建築中!!!
  4. お客様も職場も安心
  5. ルームツアー
  6. 雑誌取材
  7. 2022年ありがとうございました。
  8. 岡谷工務店建築日記1月12日 新築工事スタート 
PAGE TOP